FC2ブログ

HeKKSaGOnミーティング in ドイツ

どうもどうも。ご無沙汰しております、D3高梨司です。
なんかブログ更新月間のようですよ!密かな上田研ブログのファンの皆様(笑)乞うご期待!!

さてさて、そんな私は、MPS-2016 in モスクワを終えた後、仙台にてしばし秋の到来を噛み締めまして、、、
とか言っている間もなく、一ヶ月もしないうちにD3の学生は神戸で行われた分子科学討論会で国内の研究者たちと熱いディスカッションを行いました(過去ブログ参照)。

そして息つく間もなく、ドイツで行われた日独6大学総長会議、通称HeKKSaGOn(ヘキサゴン)へ!
この会議は日本とドイツの各3大学(Heidelberg大学、Kyoto大学、Karlsruhe大学、Tohoku大学、Goettingen大学、Osaka大学)から構成される大学連合会議のことでございます。(ん?東北大学?略称への問い合わせは一切受け付けません、、、笑)

今回は久しぶりに福澤助教との二人旅。宜しくお願いします!

そんな感じで始まりましたヘキサゴン参加出張ですが、今回は日程がなかなか大変。
ドイツでの3泊のうち初日はフランクフルト到着早々ハイデルベルグに移動、到着は深夜でしたが、翌日には共同研究者の皆様の前で発表です。
移動の疲れもある中、なかなかハードでした。汗
そのまま丸一日も滞在せず、夜にはカールスルーエに移動です。(ハイデルベルグ城見たかったよ!)

IMAG2149.jpg
(駅に向かう途中に撮影。写真中央右がハイデルベルグ城、とのこと。っておい、見えないよ!)




そこからはヘキサゴンミーティングの本会議に参加。
しかし、日程こそあわただしかったですが、久しぶりの再会あり、新しい出会いありの良い旅でした。

ヘキサゴン本会議の会場はカールスルーエ工科大学。カールスルーエという名前はあまり聞きませんが、なかなか良いところ。

街の中心にあるカールスルーエ城。

IMAG2163.jpg

城という名前ですが、見た目は豪華邸宅。現在内部は改装され博物館になっております。



そして、今回はハイデルベルグ大学の友達との再会や共同研究者との初対面がありました。

IMAG2190.jpg


写真中央は、Vasili君。D1の夏に参加した初めての海外サマースクールで日本人一人だけで不安だったところに仲良くしてくれたルームメイトです。彼のおかげで無事日本に帰国できました。笑
今回は2年ぶりの再会で、カールスルーエ城内の博物館を丁寧に案内してくれました。

左はNikolay君。私の論文で量子力学計算をしてくれた大変重要な共著者で昨年メールでのやり取りをしていたのですが、会ったのは初めて。まさか同じドクターの学生だったなんて。偉いおじさんの先生かと思ってたよ!笑



上田先生は代表者が集まる本会議でワークショップのリーダーとしてグループの研究成果報告をされておりました!
IMG_9288a.jpg
ドイツのグループとの共同研究は上田研究室の研究でも極めて重要。多方面で常に連係しています。

福澤助教もドイツとの共同研究の中心として成果発表をされました。
IMG_9335a.jpg



こうして見てみるととても厳かな会議という感じですが、わずかな合間にドイツビールを頂きました。

IMAG2128.jpg

名物ビールを目の前にご満悦の福澤助教。笑





そしてヘキサゴンミーティング終了後は、参加者とディナーへ!待ってました!
秘蔵のワインがあるという谷へとバスに乗り込むこと1時間。
ブドウ畑が広がる谷でディナーです。

ディナータイムでは、ヘキサゴンに参加した東北大学生を代表して本学の里見総長とお会いしてきました。
上田先生、里見総長と並んで緊張気味の高梨。笑
IMG_9313a.jpg


今回も海外との共同研究の成果を報告し、さらに強い連係関係に向けて議論を重ねることができました。
こうしたスケールの大きな共同研究の中にも日本とドイツのドクターの学生が協力して行っている研究がある、というのが上田研の研究の面白いところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ueda Lab

Author:Ueda Lab
東北大学多元物質科学研究所・電子分子動力学研究分野
上田研究室の研究室情報を発信する blog です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク