FC2ブログ

VUVX2010 6th_day

学会最終日です。

この日は午前中に各賞の授賞式、ならびに受賞講演がありました。

VUVX2010_47

写真左は、2004年に上田研に3ヵ月ほど滞在していたUwe Hergenhahnさん。
VUVX Conference Award in atomic, molecular and optical physicsを受賞されています。
上田研で坂井さんや大内君も研究しているInteratomic Coulombic Decay (ICD)をドイツの放射光施設BESSY
で研究されています。

他にも、Eli RotenbergさんがVUVX Conference Award in condensed matter physicsを受賞されました。

先日のエクスカージョンでご一緒したShirleyさんも、VUVX Student Awardを受賞しました!

VUVX2010_48



受賞講演の写真です。

VUVX2010_50

堂々たる発表でした!

彼女も日本のFELで研究しています。
とてもよい刺激を受けました!














そしてとうとう…



VUVX2010、閉幕!!!!!!



盛大な拍手とともに、閉幕を迎えました。
ブラボーーー!!!

VUVX2010_49

安堵の表情の大内君、奥では山田が写真を撮っております。

このとき撮った写真はコレ

VUVX2010_51

遠足と一緒ですね。
家に帰るまでが学会。

さて、次回3年後のVUVX2013は、中国で開催されることが決定しました!
有意義な会議となることでしょう!





この学会期間中は、とても意義のある時間を過ごすことができました。
修士の学生2人も参加させてくれた上田研には、本当に本当に感謝です!!!

今後とも頑張ろうと胸に誓いました。
スポンサーサイト



VUVX2010 5th_day

いよいよこの日が来ました。

学会5日目、上田研メンバーの発表日です!



わたくし山田は初の口頭発表を控え、極度の緊張の中、会場まで足を運びました。



私の発表するセッションは午後にあり、それらが終わった後にポスターセッションがあります。



お昼は新竹さんと大内君と共に、キャンパス内にあるタコス屋さんで食事をしました。

新竹さんから口頭発表におけるありがたいアドバイスもあり、感謝感激でした!



さて、発表手順の打ち合わせです。

VUVX2010_40

係の人からマイクの使い方などをレクチャーされています。
発表では左耳にかけるタイプのマイクを使います。
レーザーポインタは今まで使ったことのないタイプのものです。

それら全てが緊張を煽ります。



さて…
いざ本番!!!!

VUVX2010_41

P1000182_02.jpg

うひゃー、でもあまり記憶がないんです!笑
とにかく必死でした。

プレゼン17分+質疑応答3分=計20分の予定でしたが、後半調子に乗って速く話してしまい、予定より早めに終了という最悪のミスを犯しました。
質疑応答の時間が長くなったわけです。汗

VUVX2010_43

真剣に質問を聞く私。

上田先生に助けていただき、救われました!
本当にありがとうございました。

写真右に写っているのが、座長のMarc Simonさんです。
私たちが参加しているこのVUVX国際会議は、VUV国際会議とX国際会議が今回一緒になって一つの会議になったのですが、Marc Simonさんは前回のX国際会議の議長さんです。
この方も非常に偉い方なのです。

Marc Simonさんの進行により私の発表は無事終了となりました。

温かい拍手を受け、感無量でした!
セッション終了後もいろんな方から声をかけていただき、感激の連続でした。

こんな素晴らしい機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。





さてさて、休む暇なぞございません!
お次はポスターセッションです。



大内君がディスカッションしています。

VUVX2010_44

グラス片手に激論を交わす…
国際学会ならではの光景ですね。



大内君の説明姿をパシャリ。

VUVX2010_46

私もパシャリ。

VUVX2010_45

100分間、お疲れさまでした!

とりあえず、我々の発表はすべて終了しました。
準備を多く重ねた分、達成感もとても大きいものでした。

今後も研究がんばります!



その夜は学生2人で、UBC内のバーにてプチ打ち上げをしました。
レッドビール、最高においしかったです。

明日はとうとう学会最終日。
解放感のまま眠りにつきました。

VUVX2010 4th_day Vol.3

ウィスラーに到着!!!

VUVX2010_32

ウィスラーは今年の頭に行われたバンクーバーオリンピックの競技会場となった地です。

何種類ものゴンドラやリフトがあり、それらを乗り継ぎながら山頂付近まで登ります。



カナダ国旗の下でパシャリ。

VUVX2010_37

VUVX2010_36

まさに絶景!

気温はやや涼しい程度。
雪解け真っ最中といった感じで、雪解け水があちらこちらで川のようになっていました。



途中、トレッキングコースのようなものがあり、みんなで登ってみました。

結構しんどかった…

頂上にあった岩の上にて!

VUVX2010_39

一番右にいらっしゃるのが理研の新竹さんです。
日本のXFEL開発を先頭に立って引っ張ってらっしゃいます!
今回お会いできて非常に光栄でした。
この山登りも、涼しいお顔で難なくこなしてらっしゃいました。
尊敬。

この写真ではわからないと思いますが、この岩、結構高いところにあって、足を踏み外すとかなり笑えない事態になります。
私は怖さで腰が引けてました…



さあ、お次はこんなに大きなゴンドラに乗りました。

VUVX2010_38

『PEAK 2 PEAK GONDOLA』といって、ウィスラーマウンテンとブラッコムマウンテン両山の山頂エリアの間にかけられたゴンドラです。
途中に支柱がない部分が約3キロも続くとのこと!
世界で一番長いと言っていたような…

ゴンドラからの景色はコチラ。

VUVX2010_34

地上からはやはりだいぶ高かったです!

カナダらしく針葉樹林が広がっていました。
日本の山とはやはり違いますね。



ゴンドラを降り、ひとまず休憩。



その後山を降り、麓にあるヴィレッジで夕ご飯を食べました。

VUVX2010_35

左の方は、Shirleyさんです!
中国の方ですが、現在日本でFELを使った実験を進めています。
実はShirleyさん、この学会の「student award」を受賞しているのです!
その講演を6日目に控えているので、とても緊張しているご様子でした。
私も翌日5日目に発表だったので、共に励ましあったのが面白かったですね!笑

とても楽しいディナーの時間でした♪



そんなこんなでバスの集合時刻になり、ウィスラーをあとに。

UBCに到着したのは夜も更けたころ。



翌日は大内、山田とも発表が控えます。
期待と不安を抱えたまま、その日は眠りに就きました。

VUVX2010 4th_day Vol.2

UBCを出発し、ダウンタウンも抜け、いよいよカナディアンロッキーも近づいてきました。


道の横を流れる川の色がエメラルドグリーンでした!
キレイ!

VUVX2010_23



そしてお昼休憩です。
広場でサンドイッチをいただきました。

VUVX2010_27

VUVX2010_26

VUVX2010_24

なかなかおいしかった。
とってもよい天気。



この広場では滝もあったそうな。(我々学生は見ていない…)
上田先生のお写真。

VUVX2010_28

一番左にいらっしゃるのは新倉さん。
今年の春まで上田研にいましたが、現在は早稲田大学理工学部応用物理学科の准教授をなさっています!

中央にいらっしゃるのはPaul Corkumさん。
彼は「アト秒サイエンス」の父と呼ばれるほどの大先生なのです。
今回の学会でもpublic lectureをされるなど、とても有名な先生。

そして一番左に写るのが、我らが上田先生でございます!



上田研メンバーも絶景スポットで写真を1枚。

VUVX2010_29

美しかったです。




さあ、ほんとのほんとにウィスラー目前!
…しかし、突如として、山田が翌日に控える口頭発表に対してビビり始める。

バスの中にてブツブツ練習開始。

VUVX2010_31

ブツブツブツブツブツ…
大内君、耳触りでごめん!

ほどなくしてウィスラーに到着!



Vol.3へ!

VUVX2010 4th_day Vol.1

本日は学会4日目。
待ちに待ったエクスカージョンの日です!

この日も朝から講演が少々。
その後、皆でバスに乗り込み、カナディアンロッキーに向かって出発です。

VUVX2010_14

天気もエクスカージョン日和!
きれいに晴れ渡っていました。

VUVX2010_15

出発直前のバスの中。
ワクワク。

さあ、いよいよバスが出発!
目的地のWhisler(ウィスラー)に向かうまで、バスの窓から数々の絶景を見ることができました。

VUVX2010_16

VUVX2010_17

この2枚は、まだUBCの敷地内です。
海に浮かぶ大きな貨物船、そしてその向こうには雄大な山々が並びます。


そしてUBCを脱出!

VUVX2010_22



橋の上からの写真

VUVX2010_19

VUVX2010_19

橋からダウンタウンのビルが見えます!


VUVX2010_20

いい眺め。


カメラ小僧の大内君も激写!笑

VUVX2010_21




Vol.2へ!
プロフィール

Ueda Lab

Author:Ueda Lab
東北大学多元物質科学研究所・電子分子動力学研究分野
上田研究室の研究室情報を発信する blog です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク