スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HeKKSaGOnミーティング in ドイツ

どうもどうも。ご無沙汰しております、D3高梨司です。
なんかブログ更新月間のようですよ!密かな上田研ブログのファンの皆様(笑)乞うご期待!!

さてさて、そんな私は、MPS-2016 in モスクワを終えた後、仙台にてしばし秋の到来を噛み締めまして、、、
とか言っている間もなく、一ヶ月もしないうちにD3の学生は神戸で行われた分子科学討論会で国内の研究者たちと熱いディスカッションを行いました(過去ブログ参照)。

そして息つく間もなく、ドイツで行われた日独6大学総長会議、通称HeKKSaGOn(ヘキサゴン)へ!
この会議は日本とドイツの各3大学(Heidelberg大学、Kyoto大学、Karlsruhe大学、Tohoku大学、Goettingen大学、Osaka大学)から構成される大学連合会議のことでございます。(ん?東北大学?略称への問い合わせは一切受け付けません、、、笑)

今回は久しぶりに福澤助教との二人旅。宜しくお願いします!

そんな感じで始まりましたヘキサゴン参加出張ですが、今回は日程がなかなか大変。
ドイツでの3泊のうち初日はフランクフルト到着早々ハイデルベルグに移動、到着は深夜でしたが、翌日には共同研究者の皆様の前で発表です。
移動の疲れもある中、なかなかハードでした。汗
そのまま丸一日も滞在せず、夜にはカールスルーエに移動です。(ハイデルベルグ城見たかったよ!)

IMAG2149.jpg
(駅に向かう途中に撮影。写真中央右がハイデルベルグ城、とのこと。っておい、見えないよ!)




そこからはヘキサゴンミーティングの本会議に参加。
しかし、日程こそあわただしかったですが、久しぶりの再会あり、新しい出会いありの良い旅でした。

ヘキサゴン本会議の会場はカールスルーエ工科大学。カールスルーエという名前はあまり聞きませんが、なかなか良いところ。

街の中心にあるカールスルーエ城。

IMAG2163.jpg

城という名前ですが、見た目は豪華邸宅。現在内部は改装され博物館になっております。



そして、今回はハイデルベルグ大学の友達との再会や共同研究者との初対面がありました。

IMAG2190.jpg


写真中央は、Vasili君。D1の夏に参加した初めての海外サマースクールで日本人一人だけで不安だったところに仲良くしてくれたルームメイトです。彼のおかげで無事日本に帰国できました。笑
今回は2年ぶりの再会で、カールスルーエ城内の博物館を丁寧に案内してくれました。

左はNikolay君。私の論文で量子力学計算をしてくれた大変重要な共著者で昨年メールでのやり取りをしていたのですが、会ったのは初めて。まさか同じドクターの学生だったなんて。偉いおじさんの先生かと思ってたよ!笑



上田先生は代表者が集まる本会議でワークショップのリーダーとしてグループの研究成果報告をされておりました!
IMG_9288a.jpg
ドイツのグループとの共同研究は上田研究室の研究でも極めて重要。多方面で常に連係しています。

福澤助教もドイツとの共同研究の中心として成果発表をされました。
IMG_9335a.jpg



こうして見てみるととても厳かな会議という感じですが、わずかな合間にドイツビールを頂きました。

IMAG2128.jpg

名物ビールを目の前にご満悦の福澤助教。笑





そしてヘキサゴンミーティング終了後は、参加者とディナーへ!待ってました!
秘蔵のワインがあるという谷へとバスに乗り込むこと1時間。
ブドウ畑が広がる谷でディナーです。

ディナータイムでは、ヘキサゴンに参加した東北大学生を代表して本学の里見総長とお会いしてきました。
上田先生、里見総長と並んで緊張気味の高梨。笑
IMG_9313a.jpg


今回も海外との共同研究の成果を報告し、さらに強い連係関係に向けて議論を重ねることができました。
こうしたスケールの大きな共同研究の中にも日本とドイツのドクターの学生が協力して行っている研究がある、というのが上田研の研究の面白いところです。
スポンサーサイト

MPS-2016

どうもこんにちは!とうとうD3、高梨です。
いやいや、もうあっという間に10月となりました。中間審査が・・・汗

今回は、8月22日-26日にロシア!のモスクワで行われたMPS-2016という学会をレポートします!
振り返れば、今年の始め頃上田先生と”次は新しいデータをロシアで発表や!”というお話をしてからMPS-2016参加に向けた長い道のりが始まったのでした。
何と今回は開催地がロシア!!ビザがいるんですね。笑
あれやこれやビザ取得に向けたやりとりをして未知の国潜入に向けての準備が進められました。

しかも今回は招待講演!のありがたーい機会を頂きました。昨年取ったSACLAの新しいデータ(過去ブログ参照)の初お目見えです!
・・・それから数ヶ月、、、
データ解析も紆余曲折を経て、成田空港では台風の直撃も受け、波乱万丈の旅立ち・・・。
(なんかいつも海外行くとき空港嵐じゃない?笑)

何とか無事ロシアに着いたものの、ホテルでは発表練習をしたりと、準備は続きます。
そして本番・・・



・・・まぁ、緊張の瞬間はあっという間に過ぎていきましたね。



かたい話をしてもしょうがないので、滞在中のお話しまーす。
まず、会場だったモスクワ州立大学はロシア随一の由緒正しき名門大学!!
荘厳な建物に漂う歴史。
IMAG1968_20161018233850b38.jpg


また今回もいつもお世話になっている海外の協力研究者たちと会うことができました。

IMAG1966.jpg

みんな元気そうで良かったです。風強い!!ドイツの研究者たちとロシアで会うのはなんか不思議な気分ですね。笑


観光も少しだけ、行ってきましたよ!ロシアはなかなか来ることないですからね!

IMAG2008.jpg


有名な?赤の広場っす。とにかく広いし建物はでかいし、何かとスケールが大きいのがロシア。
しかし、人々はなぜか集合住宅に住んでいるようで何ともナゾです。寒いから?

地下鉄が良い交通手段なのですが、駅によってはホームに美しい彫刻が多数あったりと移動中も見所満載。

しかし気をつけてください。ロシアの地下鉄のドア、とんでもない勢いで閉まりますから。
あれにはまったら、、、真っ二つでしょうね。おそロシア。(嘘)

そんな慣れない街ロシアも学会で知り合ったKirillくんカップルが案内してくれました!

IMAG2005.jpg

ありがとう!!ロシアにも友達が増えました。
ちなみに後ろに写っているのは、世界一美しい聖堂の一つと言われる聖ワシリイ聖堂!らしい。

そして、ロシア、食事がまた絶品。ドイツやイタリアとはまた違った感じの豊富なメニューが個人的には気に入りました。

IMAG1942.jpg

有名なボルシチ!本場!
なぜか「ボルシチお願いします」と注文しても全然伝わらない。。。
言葉の壁??ロシアの人に発音してもらって聞いてみると納得。絶対正しく発音できない。笑

料理の写真は挙げだしたらきりが無い!
っていうことで今回は、ここまで。

また今度ドイツ行きます。笑



第10回分子科学討論会

9月13日から15日に第10回分子科学討論会が神戸にて開かれました。
当研究室からは口頭発表で2件参加しました。

物理化学系の国内の学会の中でも最も大きなものと言えるもので、東北大理化の物理化学の研究室の皆さんをはじめ、国内から大勢の人が集まります。
気相、液相、固相、・・・などといったセッションに分かれているのが特徴的で、口頭発表はセッションごとに部屋に分かれて同時進行します。
今度はこの発表を聞いて、その次はあの発表を聞いて・・・と、忙しなく部屋を移動する局面もあったりします。
人の考えることは似通っているのか、皆そろって同じ部屋に向かったり、移動した先で同じ人を見かけたりと、人の動きもなかなか面白いと思います。
ポスター発表は午後に1つの部屋で一斉に行われますが、件数が多く、見て回るのもなかなか大変です。

次回は仙台で開かれるそうで、河野先生が実行委員長になっているようです。
来年は大変になりそうですが、学生にとっては参加のチャンスかも知れません。

DSCN3418.jpg
会場の入り口
駅直結です。

DSCN3419.jpg
内部の様子
高いです。

DSCN3413.jpg
上階から本州?の方角を見た様子
会場は少し離れた島にあります。

DSCN3463.jpg
京コンピュータ
隣の島にあります。

DSCN3435.jpg
ラックの模型
水漏れしたら大変そうですね。

DSCN3446.jpg
システムボード
メモリ刺さり過ぎです。

DSCN3447.jpg
システムボードを拡大して見た様子
MicronのDDR3ですね。

 2016年9月 フィンランド渡航記

こんにちは。
2016年4月より上田研究室に変わりましたM1の小野です。

9月7日~23日の約2週間、フィンランドにあるTurku大学に7月の実験の解析を行ってきました。
日中は暖かい日もありましたが、日が暮れると肌寒くコートを着て外出したりしました。

s_IMG_8728.jpg

↑Turku大学の風景(学生たちは昼間に日向ぼっこしてました)

s_IMG_8977.jpg

↑お世話になったTurku大学グループの方々(みんな良い笑顔)


s_IMG_9071.jpg

この写真は世界一不味いと言われているサルミアッキですね。その通り不味かったです。ご飯はとてもおいしかったのに、デザートにこれでもかとサルミアッキを入れてきたことだけは納得いかなかったですね。皆さんもフィンランドに行かれた際は挑戦してみてください。

今回は一人でフィンランドに行ってきましたが、エドウィン教授(灰色の服の方)の助けもあり楽しく2週間を過ごすことができました。
上田研ではテーマによっては希望することで海外の実験や学会に参加することもできます。
海外の研究者たちと交流しやすい環境にあることが上田研のいいところですね!

また定期的にblogの更新をしていきたいと思います。
それではまた!

2015年忘年会

皆さま、こんにちは
M2の榊原です。

今回は12月4日に行われた忘年会について報告します!

我々上田研は国内国外飛び回る人が多く、全員がそろうのがまさかの4日が最後ということで
このタイミングで忘年会をしました。
僕は12月末に修論の予備審査があったのでまだ年を忘れるわけにはいかなかったのですが笑

忘年会は皆で楽しく過ごしました。
写真が今ないので、写真が届き次第アップロードしますー
ではまたー
プロフィール

Author:Ueda Lab
東北大学多元物質科学研究所・電子分子動力学研究分野
上田研究室の研究室情報を発信する blog です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。