スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年忘年会

皆さま、こんにちは
M2の榊原です。

今回は12月4日に行われた忘年会について報告します!

我々上田研は国内国外飛び回る人が多く、全員がそろうのがまさかの4日が最後ということで
このタイミングで忘年会をしました。
僕は12月末に修論の予備審査があったのでまだ年を忘れるわけにはいかなかったのですが笑

忘年会は皆で楽しく過ごしました。
写真が今ないので、写真が届き次第アップロードしますー
ではまたー
スポンサーサイト

2015年11月 SPring-8 2015B

こんにちは!M1のユデヒョンです。
SACLAの2015B実験の直後、SPring-8の後期ビームタイムがありました。今回は共同研究者の京都大方々、ドイツのグループの方々も参加されて賑やかな感じでした!SACLAの実験の直後だったので、みんな少し疲れていましたが、なんとか頑張って無事終了しています!
SACLAの時は写真をいっぱい撮ったのに、SPring-8のはこの一枚…(涙)
↓ 微妙な空気の2人(本当は仲良しです(笑))
IMG_7843.jpg

2015年12月22日 多元発表会の受賞式

こんにちは!M1のユデヒョンです。あけましておめでとうございます!
ポストが遅くなりましたが、先々週多研発表会で上田研究室のドクター2人 高梨さんと伊藤さんが受賞しました!
↓ 受賞状とポーズ(笑)
IMG_8015.jpg
↓ 受賞された高梨さんはスペシャルブースでポスター発表をされています
IMG_8019 copy
僕は受賞はできなかったですが、ポスター発表に参加しました。来年は2人の先輩方々みたいに受賞できればと思います。
↓ ポスター発表している僕の後ろ姿
IMG_8021.jpg
↓ ポスドックの熊谷さんもポスター発表に参加しされています
IMG_8023.jpg

Pacifichem 2015

12月15日から20日まで環太平洋国際化学会議、いわゆるPacifichemがハワイのホノルルにて開催されました。
当研究室からは口頭発表で1件参加しました。

この国際会議は5年に1度開催されるようで、主にアジア、アメリカからの参加者が多く、とりわけ日本からの参加者が非常に多いようです。
化学のあらゆる分野から何十だか何百だかというセッションが構成され、それらが4つくらいの会場で同時に進行するので、プログラムを確認するだけでもかなり大変でした。
日程によっては見たくても重複して見に行けないセッションがあったり、後から存在を知ったセッションがあったりもしました。

夜のポスターセッションでは、ビールやワインなどを片手に飲み食いしながらポスターを聞いて回る、あるいは発表者も飲み食いしているという光景が繰り広げられ、普段の学会ではあまりないような変わった雰囲気かと思いました。

気候に関しては、日中に出歩かなければ特に暑くはなく、むしろ暑いとだけ思って行くとひどいことになる感じでありました。
日中の気温は仙台の夏に近いような印象でしたが、日差しが結構強いように思いました。夜は過ごしやすい程度に涼しくなります。
建物の中は冷房が効いていて寒いくらいです。施設の人に冷房の弱め方を聞く人、寒いと言いながら発表会場で耐え忍ぶ人などを見かけました。ハワイに来てまで寒いとは皮肉な話ではあります。

サイエンスアゴラ2015

皆様、こんにちは!D2高梨です。

2015年11月14、15日とお台場地区、日本科学未来館において全国最大級の科学イベント、サイエンスアゴラ2015が開催されました。
しかも今年は10周年記念年ということもあり、盛り上がりもより一層。
また、今年は国際光年と言うこともあり、10周年と合わせて、日ごろ上田研と共同研究をしているヨーロッパの光源施設の代表の方々が企画展示を出展する運びとなりました。

この一大イベントに我らが上田先生と小生が参加することに。
今回のイベントでは、ヨーロッパと日本の協力により、”光”を使って得られた研究成果を一般の方々にご紹介し、ヨーロッパとより一層の固い絆を結ぼうという目標で企画を展示いたしました。


IMAG1551a.jpg

こちらはヨーロッパライトステージという企画の様子。
ヨーロッパ大使がご挨拶をされてます。
なにやら厳かな雰囲気。。。

その後は本企画の開会式ということで、ヨーロッパと日本の代表の方々によるテープカットが行われました。
IMAG1562a.jpg

今後もヨーロッパとの協力がより一層強くなればなと思います。
国際派!の上田グループにとってはヨーロッパの研究者たちは大切な仲間たちなのです。


そしてもちろん!!我らが上田先生も発表をなさいました!
IMAG1566a.jpg

会期2日間両日とも発表をされ、時にはサイエンスアゴラに足を運ばれた一般の人たちにも大変分かりやすい形で放射光施設でどんな素晴らしい研究ができるかを説明され、時にはヨーロッパの人たちに上田研が海外の測定施設で得た最新の成果を発表されていました。

最終的にこのサイエンスアゴラでは9000人以上の方々が来場され、169の団体が企画を出展しました。
この中で、上で紹介したヨーロッパライトハウスの企画は東京国際交流館賞を受賞しました!

企画の様子はYouTubeやTwitterなど、多くのメディアでも取り上げられました。

企画Twitter: https://twitter.com/euinjapanst

http://eumag.jp/feature/b1115/?p=23149&page=2

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/reports/2015/


今回のサイエンスアゴラなど、我々のグループでは得られた成果を一般の方々を含めた多くの方々に発信しています。
これを機にヨーロッパと日本の協力関係が学術活動だけでなく、より広く深いものになっていけばと思います。
プロフィール

Author:Ueda Lab
東北大学多元物質科学研究所・電子分子動力学研究分野
上田研究室の研究室情報を発信する blog です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。